最新情報

SNSハッシュタグ効果測定ツール「hashout (ハッシュアウト) 」を7月12日リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【初期費用無料】自由に指定できるハッシュタグの効果に関する7種類の数値とインフルエンサーの特定、関連ハッシュタグの取得が可能

ビッグデータを活用したWEBサービス開発・運営を行う株式会社hashout(東京都豊島区、代表取締役:落合匠、以下当社)は、Twitter・Instaglamにおけるハッシュタグ情報分析ツール「hashout (ハッシュアウト) 」を7月12日リリースしました。

サービスサイト:http://hashout.jp/

hashout (ハッシュアウト)概要

・SNS施策には欠かせないハッシュタグの効果を可視化
・自然言語解析を採用したAI分析機能を搭載
・初期費用無料、圧倒的なコストパフォーマンスを実現
・「バズる・炎上した」だけで終わらせない新たな広報実績の新指標を提供

hashout (ハッシュアウト)サービス紹介

お客様専用の企業管理画面上で設定したハッシュタグが、どの投稿に対して使用され、どのような反応があったかを解析するツールです。
取得可能な情報と、搭載機能は以下の通りです。
▼調査内容
・設定ハッシュタグを投稿した人数
・設定ハッシュタグを含んだ投稿数
・投稿に対してのいいね数
・コメント数とその内容
・各SNSユーザーのフォロワー数
・予想インプレッション数
・インフルエンスパワー(単位:円)

▼取得対象
Twitter・Instaglam

1調査につき3つのハッシュタグを設定できます。即時開始も可能。
1調査あたり30万件の投稿が取得でき、上記取得内容の集計分析(サマリー)はアカウントが存在する限り、閲覧できます。
また調査終了から1週間は投稿の詳細を管理画面で確認でき、いいね数などの数値に関してはアカウントを削除しない限り閲覧できます。

▼集計分析
上記取得内容の日割りの数値をグラフ化、数値をCSVでダウンロードできます。(アカウントが存在する限り閲覧・ダウンロードできます。)

▼投稿分析
取得した投稿の一覧や、コメント数・いいね数などの取得内容に対しての並び替え。

▼ユーザー分析
投稿したユーザーの一覧や、総投稿回数、予想インプレッション数に対しての並び替え。

単に有名と注目されるユーザーとのリレーションを深めるだけでなく、
数値実績で比較し、本当に影響力があり企業・商品のファンを見つけ出すことができます。
「どうせ広めてもらうなら、本当のファンに広めてもらいたい」というご意見を受け、機能化しました。

自然言語解析を用いた、AI分析

▼AI分析機能を搭載し、関連ハッシュタグを取得
指定ハッシュタグ以外に含まれた投稿内に、他にどのようなハッシュタグが多く使用されているのかを閲覧できる、hashout(ハッシュアウト)独自の機能です。
また指定ハッシュタグが含まれた投稿がどの時間、どの曜日に集中しているのかがわかる、投稿時間別分析も搭載。どのタイミングが一番訴求が見込まれるのかの判断材料になります。

なぜハッシュタグなのか?

SNSユーザーがハッシュタグを付けるということは、この投稿(=いい情報、おもしろい体験)をフォロワーの外にも拡散したいという明確な意思の表れと考えています。
hashout (ハッシュアウト)はその意思こそが広報活動の価値と捉えています。

圧倒的なコストパフォーマンス

当サービスは、設計・デザイン・運用を全て社内で製作しています。
類似サービスは初期費用含め10万円以上のイニシャルコストが掛かるのに対し、初期費用無料・月額利用料5万円(税抜)よりご利用いただけます。

▼活用事例
・日常のSNS運用の効果測定
・ハッシュタグを活用したUGC販促キャンペーン調査
・マーケティング調査時の市場調査
・競合他社の調査
・効果測定サービスを使ってみたいけど、初期費用・ランニングコストは抑えたい方

hashout (ハッシュアウト)サービスリリースの背景

近年、国民のスマートフォンの普及は上昇する一方で、それに即してSNSの利用割合は世代平均51%(※1)を占めており、情報感度が高い人々に向けてのSNS対策は、もはや企業の急務といえます。
しかし、SNSに対する企業の関心は高まる一方ですがその運用や知見、効果測定方法が確立されておらず、6割以上の企業が既にSNS広報活動を行っているものの、その半数以上が効果が実感できていないと回答するにとどまっています。(※2)
(※1)総務省「平成27年情報通信白書」より統計調査データを参考
(※2)経済産業省 ソーシャルメディア事業活動レポートを参照

今後2020年に向けてSNSを使ったPR活動が各社盛んになって行くことが予想されるなか、こうした効果測定ツールの必要性はますますあがっていくと考え今回当サービスをリリースしました。

今後の予定

お使い頂いた企業様のお声を元にUXの向上を目指すのはもちろん、取得範囲の拡大を目指します。
また現在は指定したハッシュタグの情報の取得が主な機能ですが、今後アカウント情報に紐付く情報(フォロワー数や投稿に対してのエンゲージメントの推移)取得も検討しており、企業のSNS施策のPDCAサイクル高速化をサポート出来るようなツールを引き続き提供していきたいと考えています。
サービスに関してご意見ご質問ございましたら、お気軽にお問合せください。

▼開発者・当社代表について
落合 匠(おちあい たくみ)1982年1月20日生まれ。
18歳のときにWEBデザイナーとしてIT業界に入り、22歳の時にフリーランスとして活動を開始。 (エンジニアになる前は大工だった経歴をもつ。)
システムプログラムやサーバ管理の技術を習得し、フリーランスとして請負・受託と数社を渡り歩く。対応範囲はデザイン・フロント・バックエンド・サーバ管理と多岐にわたる。 2013年、株式会社PR TIMESに入社。主軸サービスの運営・管理、メンバーのタスク管理を行う。 2017年に自然言語処理技術を活用したサービスをリリースさせたが、兼ねてより「35歳で独立する」願望があり、 ちょうどその年に当たる2017年4月PR TIMESを退社。同年6月に株式会社hashoutを立ち上げ、代表取締役に着任する。

― 会社概要 ―

「hashout (ハッシュアウト)」とは、英語で“徹底的に対話して、決める。解決する”という意味。
当社はテクノロジーを扱う会社ではありますが、それに一方的に頼るのではなく、一番に「対話」を重視し、サービスを運営しお客様のお役に立てるようなサービスを創造し続けて参ります。

社名: 株式会社 hashout(ハッシュアウト)
設立年月日: 2017年6月7日
所在地: 170-0013 東京都豊島区東池袋2-60-2 池袋パークハイツ2F
代表取締役: 落合 匠
業務内容:WEBサービス構築・運営業務 他
会社HP: https://hashout.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Instagram(インスタグラム)でハッシュタグ【#紅葉201…
  2. 【追加機能】AI(自然言語解析)を用いたInstagram・Tw…
  3. 【家から出たくない】Instagram(インスタグラム)でハッシ…
  4. 【hashout(ハッシュアウト)】SNS効果測定レポート機能を…
  5. SNSハッシュタグキャンペーン特化型サイト「TAG CAMP(タ…
  6. 【AI(人工知能)が盛り上がり度をランク付け】Instagram…
  7. 【hashout(ハッシュアウト)】ハッシュタグ「人気投稿」抽出…
  8. 夏期休業(お盆休み)のお知らせ

最新記事

PAGE TOP