Instagram

<そのハッシュタグ効果ある?>Instagramハッシュタグ【人気投稿】に露出させるテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ハッシュタグを制するものはInstagramを制する】・・・そう言っても過言ではないハッシュタグ。
いくら“インスタ映え”する写真をとってあげていても、Twitterなどのリツイート機能がないInstagramでは人が人を呼ぶのは大変難しいのが現実です。

せっかくいい写真を投稿しても、見てもらわないと意味がありません。
そこで注目したいのが、Instagramの【人気投稿】表示。この記事では、この機能とそこに露出させるためのテクニックをご紹介します。

Instagramハッシュタグの人気投稿とは?

ハッシュタグとスポットの検索をした際に、上位表示される9枠の事。
この「人気投稿」への上位露出させることがユーザーへの大きなインプレッションにつながります。

なぜ、Instagramの【人気投稿】が重視されるのか?

▼理由1:検索をかけたときに、アカウント・ハッシュタグ・スポットしか対象にならない
意外とお気づきでない方も多いのですが、Instagramではキーワード検索ができません。この3つの検索項目に当てはまらないとそもそも表示すらされないのです。

▼理由2:Twitterでいう“リツイート機能”がないため、自分のフォロワーが他にどんな投稿に反応しているかが、ユーザーのフィードに表示されない。
冒頭でも説明しましたが、Instagramでは自分のフォロワーがどんな投稿にいいねやコメントしたのか、またリグラムしたかがフィードに表示されません。
ですので、拡散が拡散を呼ぶ“バズる”という現象をつくることがInstagramでは難しいのです。

逆にTwitterで炎上やバズるという現象がおきやすいのは、逆にこの機能があるからです。

これらの理由から、流入経路が他のSNSに比べて制限されているため、タグ検索時に必ず表示される「人気投稿」に選出されることが重要視されているのです。

「人気投稿」に選ばれるロジック

残念ながらInstagramでは、このロジックは明かされていません。
ただし、弊社がInstagramの過去250万投稿を遡って調査した結果、以下の傾向がありました。

このようにロジックが明かされない中で検索上位を狙う必要がある、いわばハッシュタグのSEO対策が必要なのです。
まずはいま露出させたいハッシュタグの【人気投稿】にどんな投稿が上がっていて、エンゲージメントやユーザーのフォロワー数などの数値の傾向を知ることから始めましょう。

まずは“むやみにハッシュタグをつけないこと”から始めましょう

「とりあえず気分で!」
「投稿数がハッシュタグの方が、効果あるよね?」
「たくさん付けてた方が“知ってる感”がでる!」

付け方に関してはもちろん自由でいいとは思うのですが、ただむやみめったらに付けても効果はありません。
(少し前までは、1つの投稿に31個以上のハッシュタグを付けるとアカウントが凍結されてしまう時期もありました。)

よく考えてみると、投稿数が多い人気のハッシュタグを付けたところで、【人気投稿】にあがる確率は極めて低いですしその下に並ぶ【最新】の欄もすぐに流れてしまいます。

まずはむやみに付けることをやめ、本当に必要で尚且つ投稿数が10万以下のハッシュタグから付けていくのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【Instagramのハッシュタグ】自慢のペットの投稿にはコレ!…
  2. Instagram(インスタグラム)でハッシュタグ【#ぼくらの勇…
  3. 【ファッション編】インスタグラムのおすすめのハッシュタグ
  4. 【たったひと手間!】いつも使っているハッシュタグを簡単に入力する…
  5. Instagram(インスタグラム)でハッシュタグ【#七夕】を調…
  6. 【徹底解説】Instagramハッシュタグ検索サポートツール t…
  7. あらゆる投稿で使えるInstagramのハッシュタグ
  8. 【概要まとめ】Instagram(インスグラム)にハッシュタグフ…

最新記事

PAGE TOP