2020年は #ゴールデンウィーク を使用したInstagramでの1日平均投稿数が2019年のおよそ33%にとどまる。 SNS効果測定ツールを展開中のhashoutによる集計結果発表

Instagram/Twitterのアカウント調査およびハッシュタグを集計し数値化する効果測定ツール「hashout (ハッシュアウト)」やハッシュタグ検索サポートツール「タグジェネ」を展開する、株式会社hashout(東京都豊島区、代表取締役:落合匠)はサービス提供用のシステムを用いて2019年および2020年のゴールデンウィーク期間中にInstagramで #ゴールデンウィーク のハッシュタグが使用された投稿を集計し、その結果を発表いたします。
集計結果トピックス
1.Instagramにて2019年のGW期間中に #ゴールデンウィーク を使用した1日平均の投稿数が20,066件だった事に対して2020年は6,747件と33.6%にとどまる
2.同条件での投稿者数も2019年の1日平均17,059人に対して2020年は6,121件と35.8%に減少
3.GW期間中に #ゴールデンウィーク と共に多く使用されたハッシュタグは2019年は #令和 や #旅行  2020年は #おうち時間 や #テイクアウト と行動変容が顕著に現れた
  • Instagramにて2019年のGW期間中に #ゴールデンウィーク を使用した1日平均の投稿数が20,066件だった事に対して2020年は6,747件と33.6%にとどまる
2019年は新元号「令和」が施行された年で、それに伴い5月1日が「天皇の即位の日」として祝日へ、さらに前後の日が「国民の休日」となったことで令和初のゴールデンウィークは4月27日から5月6日までが史上最長と言われる10連休となりました。その期間中に #ゴールデンウィーク をつけたInstagramの投稿は延べ200,665件におよび1日の平均投稿数は20,066件を記録しました。

2019投稿数

一方、2020年はGW期間中の合計で53,983件と前年の26.9%、1日平均の投稿数でも6,747件と前年の33.6%までにとどまりました。前年と比べて4月29日から5月6日までと日数が8日間となったことで延べ投稿数の減少はやむを得ませんでしたが、それ以上に新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた「緊急事態宣言」が全国を対象地域として発出されたことに伴い、帰省や旅行などの自粛の影響が日々の投稿数へも色濃く反映される結果となりました。

2020投稿者数

  • 同条件での投稿者数も2019年の1日平均17,059人に対して2020年は6,121件と35.8%に減少
同様の条件下で投稿者(アカウント)数を比較してみても2019年は延べ170,591人・1日平均17,059人という結果で、2020年は延べ48,974人・1日平均6,121人と、延べ人数で28.7%・1日平均で35.8%まで減少しています。2019年で最も投稿者が多かった5月4日は20,579人に達していた一方、2020年は最多の5月3日でも8,482人と半数にも満たない人数からの投稿となっており、「いいね」を押すアクションも1日平均で2019年の1,741,123回から559,270回という約32%まで落ち込んでいました。

2020投稿者数

  • GW期間中に #ゴールデンウィーク と共に多く使用されたハッシュタグは2019年は #令和 や #旅行  2020年は #おうち時間 や #テイクアウト と行動変容が顕著に現れた

それぞれの年で、 #ゴールデンウィーク 共に使用されたハッシュタグをみてみると、2019年は #令和 や #平成最後 というその年ならではのものや #旅行 #イベント #ドライブ などそれまで多く親しまれていたアクティビティや #沖縄 #京都 #北海道 など観光スポットの地名も用いられていました。

2020年は「緊急事態宣言」が発出された状況の象徴的なワードでもある #おうち時間 が最も多く使用され、それ以外にも #stayhome #外出自粛 など180度変わった行動の様子がハッキリとみてとれる結果に。他にも #テイクアウト #おうちごはん #おうちカフェ #散歩 などゴールデンウィーク期間を過ごす新たな形が示される事となりました。

2019年一緒に使われたハッシュタグ

2020年一緒に使われたハッシュタグ

【集計概要】■集計内容:2019年4月27日~5月6日、2020年4月29日~5月6日の期間にInstagram上で #ゴールデンウィーク が使用された全投稿(非公開の投稿を除く)を自社で開発したSNSデータ集計用システムを用いて数値化

■出典元表記:hashout調べ