Instagram

SNSマーケティングにおける最重要用語を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSマーケティングのマーケティングは新たな広告手段として非常に注目されています。新たな専門用語が生まれるほどで、ネットビジネスだけでなく、様々な商品やサービスを宣伝できるSNSマーケティングの専門用語をまとめました。

SNSマーケティングの基本用語

ビジネスの形もスピーディに進むのがネットビジネスです。毎日の更新なども簡単なSNSをどのように活用するかはマーケター次第です。SNSマーケティングの基本用語をマスターしておけば、どのくらいの人が商品やサービスに興味を持っているかどうか?などを確認できより有意義なネットマーケティングができるようになります。

インプレッション

インプレッションは、商品やサービスの広告が何回表示されたかを確認するための用語です。SNSマーケティングでも同じくの画面に広告が何回表示されたかを確認でき、一度の表示で1インプレッションになります。SNSを代表するTwitterやFacebookにおいてインプレッションは、ツイートや投稿が何度表示されたか、タイムラインにどのくらい現れたかを表示します。注意したいのがインプレッションはクリックされた回数ではなく、表示された回数で、投稿がクリックされたかどうかは関係ありません。

リーチ

リーチは商品やサービスの広告、投稿を何回見られたのかを表します。、リーチは利用者が商品やサービスに興味を持った方の指標と言えます。リンク広告やSNSでの広告においてリーチ者が多ければリーチ数が多いということになりますが、インプレッションよりも少ない数値になります。

セッション

セッションはユーザーがSNS、サイトに訪問したかを表す数値で、仮に10人がサイトを観覧した際には数値は10カウントになります。同じユーザーがサイトを観察していても同じです。その分がカウントされますので同じ訪問者が訪問した時点でも再度のカウントになります。

フリークエンシー

フリークエンシーは1人のユーザーに何度広告を提供したかを知ることができる数値になります。一人にユーザーに対しての数値を図ることができるため、集中的なSNSマーケティングをしたい方はフリークエンシーの回数を増やすことで、さらなるSNSマーケティング効果を得ることができるといわれています。

アクション数

アクション数は、広告に対しての反応を表す数値で、Twitterでは「いいね!」やリツイートの回数や、Facebookでは「いいね!」「シェア」された数値を表します。アクション数はSNSマーケティングにおいて関心を持ってくれた方の数値を表し、興味があることを示すアクションの数になります。

アクティブユーザー

アクティブユーザーの数値はいわゆる商品やサービスに興味を持っているファンの数値を示します。一定期間内に数度訪れているユーザーの数値です。アクティブユーザ数は期間で分けて確認することができます。1か月間のアクティブユーザー数、1週間、1日のアクティブユーザー数を確認できます。平均的な利用頻度から適切な指標で測るようにしましょう。

まとめ

専門用語を覚えておくと更なるSNSマーケティング、ビジネスの促進につながります。データを参考にしてより良い活動を行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Instagram(インスタグラム)ハッシュタグ【#花咲徳栄】V…
  2. 【概要まとめ】Instagram(インスグラム)にハッシュタグフ…
  3. 【たったひと手間!】いつも使っているハッシュタグを簡単に入力する…
  4. 日本国内で人気のInstagramハッシュタグ
  5. 【Instagramのハッシュタグ】自慢のペットの投稿にはコレ!…
  6. Instagram(インスタグラム)でハッシュタグ【#新商品】を…
  7. 【家から出たくない】Instagram(インスタグラム)でハッシ…
  8. 早くも商戦開始!Twitter(ツイッター)ハッシュタグ【#おせ…

最新記事

PAGE TOP