Twitterを運用するための5つのコツ

簡単に始めることができるけれど、本格的に運用するとカベにぶつかることもあるTwitter運用。

「Twitterを運用すると決めたけれど、何から始めればいいのかわからない」
「アカウントを作ってツイートしてるけれど、それだけでいいのかな」
と不安に思っている方は多いです。

この記事ではTwitterを運用するコツを5つ紹介しています。
Twitter運用の基本を押さえて、楽しくアカウントを運営していきましょう。

Twitterを運用するための5つのコツ

たくさんの人がビジネスでもTwitterを使っており、やり方は人それぞれです。
しかし、芸能人のようにTwitterを始める前にファンがいる人を除けば、運用するために守ると基本の良いコツがあります。

Twitterを運用するためのコツは以下の5つです。

・アカウントの目的をはっきりさせる
・ツイートする時間帯を決める
・積極的にコミュニケーションをとる
・プロフィールを更新する
・ツイートをテンプレ化しない

ひとつずつ理由と一緒に見ていきましょう。

アカウントの目的をはっきりさせる

何のために存在しているアカウントなのかをはっきり打ち出すことで、見ている人はフォローを決めることができます。

例えば、献立を考えている主婦がレシピを探すためにTwitterを利用しているとします。
この場合、プロフィールに料理のことが記載されておらず、雑多なツイートに混ざって時々レシピが紹介されているアカウントより、明確に日常で使えるレシピを発信しているアカウントの方がフォローされやすいですよね。

まずは自分が何のためにアカウントを運用しているのか、どんな人のためにツイートをしているのか明確にしましょう。
そうすることで、プロフィールや普段のツイートが見ている人に届きやすくなります。

ツイートする時間帯を決める

ツイートは1日に複数回行うのが基本です。慣れてきたら、だいたいどの時間にツイートするかという時間帯を設定しましょう。

せっかく考えてツイートするのですから、多くの人に見てもらうことが大切です。
朝の7時台に3ツイート、昼の12時台に3ツイート、夜は19時台に4ツイートと決めます。そうすることで見ている人の印象に残りやすいです。

可能であれば、自分のツイートを見てくれそうな人がよくTwitterを見ている時間に設定できるとなお効果的です。
会社員が多いのであれば、昼休みの時間や通勤の時間にツイートをするというのもいいでしょう。

積極的にコミュニケーションをとる

Twitterは気軽にコミュニケーションを取れることも大きな特徴です。
リプライをするだけではなく、いいねやリツイートも使って多くの人と交流しましょう。

最初は少し怖いという方は、いいねをすることから始めましょう。
いいねはポジティブなアクションなので不快にさせることは少ないです。

もらったリプや、できれば引用してもらったリツイートに返信することも効果的です。恐れることなく交流を楽しみましょう。

またインフルエンサーのツイートを引用リツイートすることで交流が生まれることもあるかもしれません。交流が生まれると、多くの人にアカウントを知ってもらうチャンスです。

プロフィールを更新する

プロフィールを充実させることは、フォロワーを増やすためにもとても重要です。
見ている人がフォローする際には必ずプロフィールを見ることになります。

とはいえ、最初から完璧なプロフィールを作るというのは難しいです。他のアカウントを見たり、反響の大きかったツイートを参考にしながら、日々プロフィールを更新しましょう。

思考しながら工夫を重ねることで、よりフォローしてもらいやすいプロフィールに育っていきます。

ツイートをテンプレ化しない

アカウントの目的を定め、時間等も設定すると、毎日同じようなツイートになってしまうこともあるかもしれません。
テンプレートのようなツイートはとても楽ですが、同様のツイートが並んでしまうことは影響力を高めるためには逆効果です。

大きな企業が運営するアカウントでも言われていることですが、Twitter運用には人間味を押し出すことも大切です。
有益なツイートだけではなく、あなたらしさが表れるツイートをすることによってより多くのファンを獲得することができます。

基本を押さえてTwitterを運用していきましょう

以上がTwitterを運営するために押さえておきたい5つのコツです。ここで紹介したことを抑えつつ、自分がやりやすい方法を見つけていきましょう。

またこの記事で紹介したTwitter運用の基本は、どのようなジャンルでの運用にも言えることです。
ぜひ自分のアカウントにも応用してください。