インスタグラムの投稿を保存する方法

インスタグラムにたくさん投稿をしているものの、その写真自体は保存していないという方や、

自分以外の人が載せた投稿を保存したいけどできないと困っている方に

今回はその保存方法などをご紹介していきます。

常に自分のインスタグラム投稿を保存するには

常に自分の投稿を保存するには、インスタグラム上で撮影または投稿したものを常に保存するという設定が必要になってきます。

インスタグラムの通常の投稿とストーリーズ、どちらもこの設定が必要です。

常に自分の投稿を保存するよう設定をしておけば、わざわざ後から保存する必要はありませんよね。

また、今までの自分の投稿を全てダウンロードしたいという方にもインスタグラムはちゃんとダウンロード機能を用意してくれています。

「設定」から「プライバシーとセキュリティ」へ飛び、「セキュリティ」の「データをダウンロード」を押します。

そうすると、登録しているアドレスに今まで投稿したご自身の写真がデータとして送信されます。

投稿数などに応じて少し時間がかかる場合がありますが、この方法が一番手っ取り早いと言えます。

人のインスタグラム投稿を保存するには

人のインスタグラムの投稿をダウンロードしたい場合、何かしらのアプリを利用する必要があります。

「WEBSTAGRAM」や「Repost Photo for Instagram」、「PhotoAround」といったアプリは比較的安全で

簡単に人の投稿を保存することができるアプリです。

アプリをダウンロードしたら、インスタグラムにログインして自分の保存したい投稿を保存するだけの簡単な作りになっています。

「WEBSTAGRAM」はログインの必要がないアプリなので、鍵アカウントではない著名人などの投稿を保存するのに向いています。

ただし、こういったインスタグラムの投稿を保存するアプリには偽物が紛れている場合があります。

同じアプリ名なのに中身が違ったりと、たまに悪質なものもあるため要注意です。

こういったアプリを使うということには少しリスクが伴うことも頭の片隅にいれておくと良いかもしれません。

人のインスタグラム投稿を無断転載しない

当たり前なのですが、人のインスタグラム投稿を保存したとしても、投稿者に無断で転載するのはNGです。

投稿者の許可を取ってからでないと、問題になり揉め事になるかもしれませんので要注意です。

ご自身の投稿した写真ら知らないうちに他者に保存されて、しかも転載されていたらとても不愉快ですよね。

画像を保存するだけなら良いのですが、その画像をどこかのSNSに転載するのは、投稿者本人の許可をもらってからにしましょう。

アプリ無しでインスタグラムの投稿を保存するには

どのアプリもいまいち信用できずに、不安でダウンロードできないという方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメの手っ取り早い方法は、スマートフォンのスクリーンショット機能です。

保存したい写真をスクリーンショットで撮ることによって、画像サイズは違いますが一応保存することはできます。

人の投稿を保存したいと思う場面はあまり多くはないはずですので、スクリーンショット機能を使用するのが無難で安全かと思われます。

スクリーンショットをした後、画像を切り取れば、少し手間はかかりますが保存できます。

インスタグラム上で投稿を保存する方法

今のインスタグラムには「ブックマーク」という機能が備わっており、

インスタグラム上でお気に入りの写真をブックマークしておくことが可能です。

この機能はブックマークした本人にしかブックマークした投稿が分からない設定になっているため

ブックマークされた側の投稿者にはブックマークされたことが分かりません。

あくまでインスタグラム上だけなのですが、ブックマークした写真をさらに分けることができるので、とても便利です。

自分の投稿もブックマークすることができるので、人の投稿と自分の投稿をまとめてアルバムを作ることも可能です。