インスタグラムでもQRコードは作れる?

インスタグラムにも、LINEのQRコードのような機能があれば良いのになと思ったことはありませんか?

QRコードではないものの、インスタグラムタグスキャンという機能がインスタグラムには備わっています。

今回はそのインスタグラムタグスキャンなどについて紹介いたします。

インスタグラムタグスキャンとは?

インスタグラムタグスキャンとは、インスタグラム上で作成できるもので、

QRコードとは少し違った形状をしています。

インスタグラムを開き、このタグにカメラをかざすことで、簡単にフォローをすることができます。

つまり、わざわざIDを手打ちで打って検索するという手間が省けるのです。

今まで、友人や知人とインスタグラムを教え合う際に、いちいちIDを教え合っていたところを

このタグスキャンはカメラをかざすだけでその人のプロフィールに飛べるようにしてくれました。

QRコードとはまた別ですが、インスタグラムを利用している人同士であれば難なくインスタグラムの情報を交換することができます。

インスタグラムタグスキャンの作成方法

インスタグラムのタグスキャンですが、作成方法はいたって簡単です。

自分のアカウントのプロフィールに行き、右上のバーガーボタン(三本線のボタン)を押します。

そうするとこの上記のような画面が表示されるので、ここでネームタグのボタンを押すとタグが作成できます。

このタグを作成する際には、様々な絵文字の中から好きな絵文字を背景にするデザインと、

自分のセルフィー(自撮り)を背景にするデザインと、シンプルな色だけを背景にするデザインがあります。

この三種類のどれかを作成し、その場にいるインスタグラムを交換したい人にスキャンしてもらうか、

または、このタグを画像として保存し、インスタグラムを交換したい相手に送ることで簡単にインスタグラムの情報を交換できます。

ネームタグは自分の携帯の中にある画像からもスキャンすることが可能なので、インスタグラムを交換したい相手にタグの画像を送ってもらうことでも、インスタグラムの情報を交換することができます。

TwitterにはQRコードがある?

インスタグラムにはQRコードを作る機能はありませんが、TwitterにはQRコードを作る機能があります。

ご自身のTwitterを開き、右にスワイプすると、プロフィールや設定など様々な機能の一覧が出てきます。

その右下にQRコードのマークがあります。このQRコードのマークを押すと、ご自身のTwitterアカウントのQRコードが表示されます。

Twitterのアカウントを共有したい人にこのQRコードを見せることで簡単にフォローしてもらうことができます。

このTwitterのQRコードも、インスタグラムと同じく画像として保存することができます。

そして、その画像をTwitterのアカウントを共有したい人に送付することで、

QRコードを読み取り、フォローしてもらうことができます。

Twitterもインスタグラムも簡単に情報を交換できるため、利用してみると便利かもしれません。

どうしてもインスタグラムでQRコードを作りたい場合

どうしてもインスタグラム上のネームタグではなく、QRコードを作りたいという場合、

QRコードを作れるサイトを利用してみると良いかもしれません。

まずは、ご自身のインスタグラムのプロフィールURLを入手します。

インスタグラムのプロフィールURLはブラウザでご自身のアカウントにアクセスすることで入手できます。

そして、QRコードを作成してくれるサイトにアクセスし、そのURLを入力することでQRコードを作成することができます。

QRコードを無料で作成してくれるサイトは数多くあるため、どうしてもQRコードが必要な場合は利用してみると良いかもしれません。

インスタグラムタグスキャンの活用方法

インスタグラムのタグスキャンや、TwitterのQRコードなどはとても便利で、活用方法はたくさんあります。

例えば、会社の名刺の裏に載せてみたり、お店のアカウントなどであれば、店舗のレジ横に印刷して置いておくということも可能ですよね。

インスタグラムのタグスキャンをそういった形で利用している人たちは少しずつ増えてきています。

ただし、IDを変えてしまったり、印刷の状況によっては正常にスキャンできない場合があるので要注意です。