Instagram

【徹底解説】Instagramハッシュタグ検索サポートツール tag genic(タグジェネ)の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月30日に弊社よりリリースした【tag genic(タグジェネ)】

「Instagramでハッシュタグを付けるとき、最適なハッシュタグがわからない・・・」
というお声を元に開発したこのサービスですが、今回はサービスの活用方法をご紹介します。

Instagramハッシュタグ検索サポートツール tag genic(タグジェネ)の使い方

①まずは https://taggenic.com/ にアクセス。

②投稿したい写真と関連するキーワードを入力します。

③検索したキーワードを含むハッシュタグの一覧がでてきます。

表示されるハッシュタグは、AI(人口知能)によって投稿件数によってランク分けされています。【S・A・B・C・D・E】と、投稿件数が多いほど高いランクがつけられています。

④投稿したいハッシュタグを選択すると下のフォームに追加されます。選択が終わったら、コピーしてInstagramの投稿欄にペーストしましょう。

Instagramのハッシュタグ対策は、googleにおけるSEO対策と一緒!


ハッシュタグの原則は、「ユーザーがどのような検索をかけるかを予想してつけること」です。投稿する写真に合わせるのはもちろんですが、検索されないようなハッシュタグを付けても意味がありません。

そして、アカウントの影響力を予測してハッシュタグを選択するのも大事。
Google上で皆がよく投稿するものをキーワードとしてページ作成や記事を書いたとしても、検索順位上位を狙うのは至難の業。
元々検索上位を狙えるサイトなら問題ありませんが、作りたてのページでそれを狙える可能性はほぼ0(ゼロ)です。

これはハッシュタグにも同じことが言えます。
「検索はされるけど、あまり競合がいないハッシュタグ」が、最も効果のあるハッシュタグなのです。

ちなみに弊社でアカウントのコンサルティングをする際は、フォロワー3万人以内であれば【tag genic(タグジェネ)】上でSランクとして表示されるものは、付けないようにしましょうと伝えています。

#日本 と付けて、何の意味があるのか? -ユーザーの心理を読み解こう!

よく、【#japan】【#日本】【#旅行】なんていうハッシュタグ、見つけませんか?

ただ、検索するユーザー側にたって考えてみると【#日本】で検索するときってどんなときでしょうか?
・・・たくさん投稿されている割には、あまり想像が付かないと思いませんか?

もし、日本に行きたくて旅行先を探すなら【#京都】とか、【#清水寺】とかより絞ったハッシュタグで検索をかけるはずです。そして【#日本】と付けたとところで、検索をかけたときの“人気投稿”はもちろん、“最新”欄もすぐに他の投稿がきて流れてしまいます。

ハッシュタグを付けるときは、具体的かつニッチになりすぎないようにしよう

ご説明したとおり、ハッシュタグはユーザーの検索行動を考えて付けるものです。“検索されそうだけど、激戦区は狙わない”ようにしましょう。そしてどんなハッシュタグがあるか迷ったときは、是非【tag genic(タグジェネ)】を使って的確なハッシュタグを検索してみてください。

サービスサイト: 【tag genic(タグジェネ)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日本国内で人気のInstagramハッシュタグ
  2. SNSハッシュタグ効果測定ツール「hashout (ハッシュアウ…
  3. 【AI(人工知能)が盛り上がり度をランク付け】Instagram…
  4. 【hashout(ハッシュアウト)】SNS効果測定レポート機能を…
  5. Instagram(インスタグラム)でハッシュタグ【#ハロウィン…
  6. Instagram(インスタグラム)でハッシュタグ【#紅葉201…
  7. 【サービスご利用におけるご確認事項】について
  8. SNSハッシュタグキャンペーン特化型サイト「TAG CAMP(タ…

最新記事

PAGE TOP