Instagramのハッシュタグを活用してフォロワーを増やす方法

twitterやFacebookは文字がメインなので、

文字でユーザーに情報を与えることでフォロワーや友だちを増やすことがコツです。

しかし、twitterやFacebookと比べてInstagramは写真がメインです。

文字の投稿もできますが、フォロワーを増やすにはいかにオシャレな写真を投稿するのが重要です。

現在はスマホの普及によって簡単にアプリで写真を加工するようになったとはいえ、

写真がメインのInstagramでは、フォロワーが増えないと悩んでいる若者も多いのです。

今回はハッシュタグ機能を活用してフォロワーを増やす方法を解説していきます。

Instagramに投稿したいジャンルを決める

Instagramの投稿は統一性があるほうがより多くのユーザー目に止まりやすいです。

もし昨日はラーメンの写真、今日はオシャレなカフェな写真、

明日は犬の写真、その次の日は服の写真と、バラバラで統一性のない写真を投稿したとします。

あなたのことをよく知っている友だちならフォローをしてくれるでしょう。

しかし、あなたのことをまったく知らない他人からはどう思われるでしょう。

この人が投稿した写真はジャンルがバラバラだし、

自分がフォローをしてもあんまりメリットがないと感じるのが普通です。

フォロワーを増やしたいのなら、自分がどういう層のフォロワーを増やしたいのかを考えて、

ニーズに合わせたジャンルの写真を投稿しましょう。

決めたジャンルのハッシュタグで検索して、人気投稿の特徴を考える

自分がInstagramで投稿したいジャンルが決まったら、

そのジャンルに関するハッシュタグを実際に検索してみましょう。

ハッシュタグで検索するとき、「人気投稿」という投稿が目に入るでしょう。

その人気投稿を一つ一つじっくり観察して、なぜ人気投稿になったのか原因を自分なりに分析してみましょう。

人気投稿のアカウントの最近の投稿を注意深く観察して、共通した特徴を洗い出しましょう。

ハッシュタグを検索するユーザーのニーズを考える

検索ユーザーはハッシュタグを検索する目的は必ずあります。

たとえばカフェと検索する人はオシャレなカフェを知りたいから検索しているわけです。

そこでドンピシャなオシャレなカフェの写真が出てくれば、

検索ユーザーも思わずいいね!ボタンを押したくなります。

ハッシュタグを検索するユーザーのニーズを満たす写真を投稿する

ここまでくれば、ようやく実践にうつすことができます。

自分が主に投稿したいジャンルを決めて、

実際にハッシュタグを検索してユーザーのニーズをわかった上で、

初めてニーズを満たせる写真を投稿することができます。

1枚1枚の写真をそのジャンルのハッシュタグを検索するユーザーの好みに合わせて加工すると、

よりユーザーからいいねやフォローをもらえる確率が高まります。

統一性を意識して投稿し続ける

投稿数が増えてくると、どうしてもジャンルに関係ない写真も投稿したくなる時はあるかもしれません。

しかし、そこはグッとこらえてジャンルに関係ない写真をなるべく投稿しないようにしましょう。

たまになら大した影響は出ませんが、頻繁に別のジャンルの写真を連続で投稿すると、

せっかくフォローしてくれた人も、フォローを解除してしまう恐れが生じます。

フォロワー数を増やしたいのなら、統一性のある投稿を意識してみましょう。

まとめ

Instagramのハッシュタグを活用してフォロワーを増やす方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくるとコツをつかめてくるはずです。

フォロワーの多い著名人のアカウントなどを参考にしてみるのも良いかもしれません。

是非、めげずにチャレンジしてみてください。